肌がきれいになりたい女性
  • ホーム
  • 脂質肌なのに乾燥するのはスキンケアが間違っているから?

脂質肌なのに乾燥するのはスキンケアが間違っているから?

顔を指す女性

乾燥しているのに脂質肌というのは、一見するとカラカラの状態ではオイリーにはならないといった状態なので矛盾しているように感じるかもしれませんが意外とそうゆう人もいるものです。
治療方法について言えば、洗顔と保湿のスキンケアが大前提となります。
この状態は珍しくはなく、肌における水分と脂質のバランスが崩れている状態です。
若々しい潤いにあふれた皮膚というのは、水分と油分がちょうど良いバランスにある状態ですが、 それが乾燥していながらオイリーでもあるというのは、毎日のスキンケアが間違えていることも考えられます。
間違えたスキンケアを繰り返すということは、皮膚のバリア機能を低下させることにもつながります。
角質層では角質の細胞間を埋めるために、様々な美容成分が存在します。
天然保湿因子やセラミドなどはまさにそうです。
皮膚から常に生産されるのは油脂であり、足りなくなるのは主に水分の方なのですが過度な洗顔などを繰り返した場合には、皮脂分泌が過剰になってしまいオイリーを招きます。
それは体が守ろうとして起こる普通の働きなのです。
それで皮膚が潤うかといえばそうでもなく、皮膚はどんどん乾燥します。
バランスは保たれないままに、乾燥が激しいままでオイリーな肌状態となります。
ここには体内における、ホルモンバランスの乱れもありますから、内側と外側からのケアが必要にもなってきます。
治療をしていく上で重要になるのは、意外かもしれませんが洗顔です。
スクラブ入りとか、洗浄成分が強すぎる洗顔料で洗うのは控えることです。
洗顔は成分の弱い石鹸などを、よく泡立ててします。
そのうえで、肌には十分な保湿のお手入れをして、潤いで満たしましょう。

関連記事